明日から、12月ということは、師走に入ります。
こんにちは、設計部の木村です。

12月に入ると、今年中に片付けなければならない事があって、
考えるだけでも私の場合、気があせってしまいます。
年賀状の準備や、年末の大掃除の準備とか大変ですよね。
我が家では、初夏に出した扇風機が、
いまだに居間にあったりしています。(笑)

設計の打ち合わせ時に、よく質問される事は、
「この間取りで、収納の量は足りていますか?」
「室内に洗濯物を干したいのですが、どこで干せばいいでしょうか?」
結構難しい質問なので、困ってしまいます。

収納量と収納場所がうまく出来ている間取りは、片付けやすくなり、
年末の大掃除も気が楽になるような気がします。
収納の件は、また次回という事で、
今回は、日々の生活で、よく困る室内物干し方法についてです。
子供達がスポーツ系の部活動に入ったりしてしまうと
爆発的に洗濯物が増えてしまいますよね。
乾燥機能付の洗濯機で済ましてしまう方法もありますが、
部屋干しする人も多いかと思います。
洗濯したばかりの洗濯物って結構な重量があります。
ですから、室内物干し金物は、しっかりした下地に取りつけないと
ある日突然落下してしまい大変危険です。

設計の打合せ時には、必ず取付位置等の確認をさせていただいております。
先日お引渡しお客様のワイヤータイプの物干しは、ワイヤーがゆっくりともどり
使用していない時には、ワイヤーが簡単に収納できて、小さいながらも
大変便利だなーと思いました。
↓ワイヤータイプ
p1110078
0001

↓一番人気は、シンプルな吊棒タイプです。川口技研製で、弊社ではよく使用しています。
s-%e4%bd%90%e3%80%85%e6%9c%a8%e6%a7%98%e7%a4%be%e5%86%85%e6%a4%9c%e6%9f%bb20161115-020
使用しない時は、吊棒部分が外れます。ホームセンターでも市販されていますが、下地を確認しないと大変な事になってしまいます。

↓昇降タイプも人気があります。
%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%97

操作ひもタイプだと、ひもが邪魔になるかも。
こちらのタイプですとお薦めは、
使う時に差し込む操作棒タイプです。

新婚の方には、よく言うのですが、本当にご家族が増えると、
爆発的に洗濯物の量が増えるので、干す場所等の検討をした方が良いかと
思います。
他にも、花粉症の方なんかは、室内洗濯物干しスペースを確保された方も
いらっしゃいました。

場所が変ると、洗濯物の干し方が変わります。
雪国だとこの時期雪が降ってしまいますので、
どの家にでも室内物干しスペースがあり、
しかもサキュレーターやエアコン(除湿機能)まであったりもします。

↓浴室にランドリーパイプも濡れたものを干せるから便利ですよね。
works20160426-407
新築やリフォームを計画されている方は、室内物干しもご検討してみて下さい。

※画像の一部は、メーカー様の資料をお借りさせていただいております。

それでは、また。(設計部 木村)