みなさんこんにちは。受付の染谷です。

今日の出勤時、お昼ご飯を買おうかなとコンビニへ寄りました。

コンビニで、ちょっと気になる文字を発見!

「初午いなり」 なんだろう? みなさん知っていますか?

ちょっと調べてみたのですが、初午とは、2月最初の午の日をのことを言い、711年に京都の伏見稲荷大社の主祭神ウカノミタマが稲荷山に降臨された日とされているそうです。

その日を「初午祭」として稲荷神社に「初午詣(はつうまもうで)」をするようになりました。

ちなみに2017年の初午は、本日2月12日なのだそうです!

 

稲荷神は日本における神のひとつで、稲荷大明神、お稲荷様などと呼ばれていますよね。

そしてお稲荷様の『使い』が狐です。

神の使いである狐の好物が油揚げと考えられ、油揚げが奉納されるようになりました。

そこから油揚げを使った料理を「稲荷」と呼ぶようになり、油揚げに酢飯をいれたものを「いなり寿司」と呼ぶようになりました。

それから初午の日には人々もいなり寿司をいただくようになったそうです。

 

ちなみに、願いの数だけいなり寿司をいただくのだそうで…

コンビニでそれに気づいた私は…最初に手に取ったおにぎりお稲荷さんを棚に戻し、3個入りお稲荷さんをついつい買ってしまいました(笑)