今回は、電気工事及び給排水工事業者の方々に
集まっていただきました。
こんにちは、設計部の木村です。

定期的に品質向上会議を工事部主催にて行っていますが、
今回も、現場工事が終わってからの品質向上会議です。
電気業者3社、給排水業者3社の
合計6社の業者に集まっていただきました。

↓第6回品質向上会議
%e5%93%81%e8%b3%aa%e4%bf%9d%e8%a8%bc%e4%bc%9a%e8%ad%b020161216%e6%b0%b4%e9%81%93%e9%9b%bb%e6%b0%97-005

会社内の電気修理があったので、
会議の始まりよりも少し早く来社していただきまして、
会社内の照明を直していただきました。

↓会社の照明器具が壊れてしまいました。
%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%ae%e7%85%a7%e6%98%8e-001

照明器具も20年近くなりますと、
蛍光灯のトランス部分が壊れてしまって
照明器具が点灯しなくなってしまいました。
こうなると、素人では、とても直せません。

日常生活に直結するところなので、電気工事のプロに
お願いしました。
あっという間に、照明器具を移植して
いただいて、修理完了です。
ライフライン関係の工事が出来る人が
うらやましくなった次第です。

今回は、そんなライフライン関係で大事な電気業者と給排水業者の
勉強会です。

給排水工事の中では、2階トイレの排水遮音管工事の話がありました。
他社では、普通の塩ビパイプを使用しているそうです。
弊社では、注文住宅ですから、遮音パイプを使用しています。

↓遮音パイプ(隠ぺい配管)

%e9%81%ae%e9%9f%b3%e9%85%8d%e7%ae%a12
%e9%81%ae%e9%9f%b3%e9%85%8d%e7%ae%a1

隠ぺい配管をしてしまいますと、壁を壊さない限り遮音工事は、
出来なくなりますよね。
そういえば、弊社の場合は、
排水音が気になるというクレームは、
ほとんど聞いた事がありませんでした。

↓遮音パイプと他のパイプとの比較
%e9%81%ae%e9%9f%b3%e9%85%8d%e7%ae%a1

実は、お客様との打合せ時には、こういった話は、
なかなか出ません。
生活し始めて、初めて気づくところです。
こういうところに気を使って施工している業者さんには、
いつも頭が下がります。

電気工事も、最近では、間接照明やスポットライト照明など
お客様の好みが多岐にわたりますので、
照明計画の提案が難しいですね。
配線をする時に、天井ふところが無い場合は、
構造材に孔を開けなければならないので、
神経を使います。

↓勾配天井にプロジェクター用下地及びスポット照明を付けたN様邸施工例
%e4%b8%ad%e6%9d%91%e6%a7%9820161030-126

↓最後に、社長の小髙より協力業者の皆様に、繰り返しとなりますが、安心及び安全とマナーについて、お願いさせていただきました。

%e5%93%81%e8%b3%aa%e4%bf%9d%e8%a8%bc%e4%bc%9a%e8%ad%b020161216%e6%b0%b4%e9%81%93%e9%9b%bb%e6%b0%97-015
協力業者の皆様のおかげで、現場きれいと無事故を継続させていただいております。
今日も、業者さんの方から、積極的な意見がでまして、
どちらかと言いますと私の方の知識が向上した会議となりました。
やはり、現場の声は、為になります。

それでは、また。(設計部木村)